ピアノ教室に通うメリット

ピアノ教室に通うメリットとはまずは予想通りピアノが上手になることです。
自分の好きな曲や昔からある有名な曲を弾くことができれば人生にも変化があります。
学生なら合唱コンクールで伴奏を頼まれたりと何かと腕前を披露する機会も多いです。
ピアノが弾けるというのはとても上品な印象を持たれ、また育ちがいいように感じることが多いです。
女性が習っているイメージが強いですが、男性が弾くことのイメージのギャップがまた良さを引き出すということもあります。
腕前だけでなく、自然と身につくのが音感やリズム感などです。
音痴だった人も習うことにより、改善します。
楽譜を読む能力も高くなります。
楽譜を見ただけでさらさらと弾けるようになるとみんなから羨ましがられます。
このように自分自身の能力アップと、他人からもすごいと思われるということでとても魅力的です。
教室に通うと丁寧に指導してくれるので上達も早くなりますし、褒められるのでまた練習しようという気持ちになります。

ピアノを習うなら教室に通うと音感が身に付きます

ピアノを始めるなら独学で学ぶより教室に通うようにした方が短期間で上達します。
ピアノの先生がそばで教えてくれるので、基礎からしっかり学ぶことができます。
初めて習うときは右手から始めていき、指を鍵盤に慣れさせるようにしていきます。
右手である程度弾けるようになったら今度は左手で練習をしていきます。
右手はメロディー左手はコードを押さえることが多いので、複数の音を同時に出す練習も行います。
子供の頃からピアノを始めていれば絶対音感が身につきますが、大人になってからも何回か通っていけば、鍵盤を見なくても音を聞き分けられるようになってきます。
鍵盤を叩いたときに耳で聞いて単音でわかるようになれば、コードを押さえたときもどの音が組み合わさっているのかわかってきます。
鍵盤を見ないでも弾けるようになれば、楽譜を見ながら曲を演奏できるようになります。
教室は週に1回通う所が多いですが、家でも復習していけば短期間で発表会ができるレベルにまで上達します。

Last update:2015/8/27